ペット・動物・虎1ページ:勝って兜の緒を締めよ|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

ペット・動物・虎:サブページ

カテゴリー

ペット・動物・虎登録サイト一覧

 このページは、勝って兜の緒を締めよ|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改のペット・動物・虎カテゴリ(1)ページです。ペット・動物・虎(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、勝って兜の緒を締めよ|相互リンクSEO-P-Link ver3.5改は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはペット・動物・虎:2ページで表示しています。
この続きはペット・動物・虎:2ページで表示しています。

 ねこまんまの歴史:起源は定かではないが、日本では1000年以上の歴史があるともいわれ、飢餓、戦災が多かった時代にはしばしば庶民の主食となっていた。戦国時代には関東の実力者であった北条家もこれを好んでいたと伝えられ、北条氏康は息子である北条氏政が飯に汁を2回かけるのを見るや「北条家もこれまで」と嘆息したと伝えられる。江戸時代中期~後期には、幕府の腐敗や鎖国を原因とする食料資源の枯渇により貧富の差が広がるとともに貧民のみならず身分の低い武士でさえもが飢えに瀕し、安価で調理の簡便な「ねこまんま」が大流行。当時カツオの産地として名をはせていた静岡や和歌山、鹿児島産のカツオ節が多く使われた。その後、明治維新後の争乱期から第二次世界大戦末期まで、庶民が飢餓をしのぐ食料の中心的存在となっていた。その後、これが単に貧民の食料に終わらずに、その独特の風味から、富裕層の一部のや地方の役人なども好奇心から食べるようになった。「ねこまんま」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年12月13日 (木) 03:39 )

このページの先頭へ